お腹のたるみ改善とスキンケア

年をとるにつれてお腹がたるみ、改善の方法を探す人は少なくありません。

お腹のたるみは、若いうちはさほど気にかからなかったという人でも、年齢を重ねるにつれて気になるようになってきます。

たるみが目立つようになったお腹を元のように引き締めることはなかなか大変です。

脂肪がお腹についてたるみが目立つということはつまりカロリー過多か、体を動かさなすぎです。

お腹のたるみを改善するには、どんな方法が有効なのでしょう。

有酸素運動や筋トレで体内のカロリーを消費し、筋肉を増やすことや、食事を見直すことが、お腹のたるみ改善には有効です。

食事制限だけのダイエットでは筋肉が落ちてしまい、たるみを改善することはできません。

食事を減らして体重を減らしても、脂肪が体に留まってプロポーションはよくなりません。

女性がダイエットのために筋トレをしても、男性のような筋肉質な体型になることはありません。

ボディバランスを整えるために筋トレをするならば、そのつもりでトレーニング内容を決めることで効率的なたるみの改善が可能です。

たるみ改善効果が、特に下腹に可能なエクササイズとして、ドローインがあります。

腹筋を使った呼吸をすることで、お腹と背骨がくっつくような呼吸がインナーマッスルを鍛え、下腹部の脂肪を燃焼させます。

どんなときでもドローインを意識することでお腹のたるみを改善することができるでしょう。

肌ケアの基本

美肌になるためには、毎日のスキンケアがとても大事です。

適切なスキンケアを毎日行うことが、美肌を保つためには重要です。

日々のケアでは、何をすれば肌にいい効果があるのでしょうか。

肌につける化粧品といえば、メイク用化粧品とスキンケア用の基礎化粧品です。

どちらも全く効果が異なるものです。

お肌のお手入れのために重要なことは、肌質との相性がいい基礎化粧品を使用することです。

基礎化粧品の種類は膨大なものがありますが、サンプル品を取りよせて使い心地を確認するなどしながら、肌に合うものを選ぶことが重要なポイントです。

メイクアップ用の化粧品は肌に負担をかけることが多いので、きちんとメイクを落とすことが大切です。

扱うメイクによっては毛穴にフタをするような状態になりますので、ずっとそのままにはしていられません。

メイクをした日は、その日のうちにクレンジングを施すことが大事です。

クレンジング剤の選び方も、大事なところがあります。

洗浄力が強すぎると皮膚へのダメージが大きくなります。

逆に弱すぎると、皮膚への負荷が大きくなります。

メイク落としの後の保湿ケアもお肌には必要なことです。

洗顔後の肌は水分が不足している状態なので、化粧水を使って保湿を行いましょう。

自分の肌に合った化粧品を使い、きちんと肌の汚れを落とし、保湿をすることが肌ケアの基本中の基本です。

冬の肌ケア

1年じゅう、いつでも肌ケアは必須のことですが、冬にしなければならない肌ケアとは何でしょうか。

冬は外気が乾燥しがちで、肌の水分不足が気にかかります。

寒い時期は温度や湿度も低くなるため、肌が必要としている水分が蒸発し、肌の乾燥や小じわの原因になります。

屋内でエアコンを多用することも、外気の乾燥を促進します。

冬の間の肌ケアでは、特に乾燥対策が重要になってくるでしょう。

入浴後や洗顔後など、特に皮膚が乾燥しているタイミングではすぐに化粧水などで保湿ケアをするようにしましょう。

数分間の間にも肌の水分はどんどん逃げて行ってしまいます。

洗顔後はたっぷりと化粧水をつけて肌に水分を補いましょう。

しっかり保湿をしたら、クリームや乳液でフタをして、これ以上肌から水分が逃げていかないような状態にすることも必要になります。

最初に化粧水で保湿し、それから乳液などで乾燥を防ぎます。

1日の洗顔の回数を少なくすることで、冬場のお肌の乾燥をできるだけ予防することも重要になります。

顔を洗うときに使う水はぬるま湯を使うことで、皮膚にちょうどいい洗い方ができます。

ビタミンAのサプリメントを摂取して、体の内部から乾燥対策を講じることも肌のケアには効果があります。

皮脂の状態を調節する機能が、ビタミンAにはあるためです。

体の外側と内側両方からしっかりと肌ケアをすることが冬の乾燥肌を防ぐポイントだといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加